仕事 自己変革

人の心に火をつける

「人の心に火をつける」

 

🐻
「リーダーとして、誰かとチームで働いたことがあれば、それがどんなに大変なことか、よくわかると思います。『あの人はやる気がない』『あの人は、指示を聞いてくれない』など、そんなふうに悲観する前に、自分にできることがあります。どう伝えれば、人の心に火がつくのかということです。」

 

 

⭐動くから、伝えるへ

 

🐻
「まず最初のポイントは、『動く』から『伝える』ということです。例えば、入社した頃は、製品を作ったり、接客をしたり、職場をピカピカに掃除したりなど、『動く仕事』ですが、だんだんと立場が上がってくると、その責任も重いわけです。動いているだけでは足りません。いかにして『動く仕事』を、他の人に気持ちよくやっていただけるかという『伝える仕事』が大事になってきます。」

 

🐹
「動く仕事から伝える仕事に変わっていくんですね。」

 

 

⭐Whatではなく、Whyで

 

🐻
「リーダーは、『売上をどうやってあげようか』『売上を上げるためにどうプロモーションするか、どんなキャンペーンをやるか』など、『何をやるのか』ということを考える時間が多いと思います。もちろん、『何をやるのか』ということも大事ですが、重要視していたのは、『なぜやるのか』ということです。なぜこのキャンペーンをやるのか。なぜこの仕事が必要なのか。この、『What』ではなく、『Why』で伝えることが、大事です。」

 

🐹
「お客様がいて、そのお客様からお金を頂き、経営が成り立っていますので、利益を上げるような『What』は大切ですが、それ以上に、なぜやっているのかという『Why』を考えて、他の人にも伝えていくことがとても大切ですね。」

 

 

⭐現在が楽しいだけでなく、未来が見えるように

 

🐻
「現在が楽しいことも大事ですが、リーダーは、それだけでは足りません。仕事の目的と未来のビジョンを一緒に働く仲間に、伝えていくことが大事です。『なぜやるのか?それが将来どんな未来を作っていくのか?』を伝えていかなければなりません。」

 

🐹
「未来のビジョンを考えるとき、自分の仕事の立ち位置を俯瞰してみることは大切ですね。その仕事に、どんな役割があるのか、どのように社会に貢献できているかが分かってくると、それを伝えたい思いが強くなってくると思います。自分の心の火力が上がってくると、未来のビジョンも具体的になってきます。そして、一緒に働く仲間やお客様など、他の人の心に火をつけることもできると思います。」

 

 

🐻
「みんなと一緒に何をやるのかが、スタートラインです。そして、『Why』を共有することが、とても大事です。その目的の共有こそが、その後の成果であったり、すべてのパフォーマンスにつながっていきます。何よりも、主な成果を生み出すのはリーダーではありません。リーダーと一緒に働く仲間です。リーダーの大きな役割は、一緒に働く仲間が成果を生み出せるようにすることです。これがリーダーの役割だと思います。だから、”なぜこれをやるのか”を伝えることが、非常に大事なんです。」

 

🐹
「そうですね。現在のリーダーや会社経営者、未来のリーダーや会社経営者にも必要なことだと思います。”Why”で未来のビジョンを共有して、次の世代に伝えていくことがとても大事ですね。」

 

 

⭐参考サイト
鴨頭嘉人 公式サイト カモブログ
“人生は何度でも…いくつからでも挑戦できる🔥”

リーダーが一番伝えなければならないのは何か⁉️

⭐最新ニュースをアプリでチェック!

 

⭐ピックアップ

🌱『改訂版! 人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった』

🌱『究極のリーダーシップ 最大の成果をあげるための10の極意』

🌱『コンプレックス・リベンジ ~僕はいじめられっ子だった』

-仕事, 自己変革

© 2021 🐹こはるの健康喫茶🐥 Powered by AFFINGER5