仕事 自己変革

素直さ

「素直さ」

🐰
「職場にね。
“みみさん🐰の耳はいつも素敵ですね”
って、声を掛けてくれる人がいるのね。」

🐹
「良い人だな。」

🐰
「そう?耳は素敵ってどう?」

🐹
「良いと思うぞ。明るく”はい”とか”ありがとう”と答えれば良いじゃないか。」

🐰
「うーん。」

🐹
「みみ🐰の心の持ち方で変わると思う。」

🐰
「どういうこと?」

🐹
「例えば、

職場で出勤時間になっても来ない同僚がいてな。周りのみんなは、
“あいつ寝坊したんだな”
って言っていたが、ある人は、
“何かあったのかな?”
と心配した。

あとは、

みんなの前で夢を話してくれた後輩がいて、その後輩が帰ってから、
“まぁ、あいつには無理だよね”
とみんな疑っていたが、ある人は、
“まぁ、彼にはちょっと道のりが長いかもね”
と言った。

どちらとも他人のことを言っているが、根本は自分のことを言っている。」

🐰
「どちらも他人のことじゃないの?」

🐹
「一見そう思えるが、相手が話した内容や起こったことに対して、自分がどう解釈しているかが大事。出勤時間になっても来ない同僚の話は、自分に相手を疑う心があるかないか。夢を話してくれた後輩の話は、自分が相手の可能性を信じているかいないか。耳の話だと、相手の言葉を素直に受け取れているかいないか。素直に受け取れないと、”耳はいつも素敵ですね”が、ちょっと嫌味に聞こえるかもしれない。」

🐰
「言われてみれば、そうかも。」

🐹
「みみ🐰が相手の言葉を素直に受け入れることが大切だな。

まとめるとこんな感じ。

✅”みみさんの耳はいつも素敵ですね”

★それは嫌味なの? ▷  ️自分が相手の言葉を素直に受け取れない方

★ありがとう ▷  ️自分が相手の言葉を素直に受け取っている方

✅出勤時間になっても来ない同僚

★寝坊したんだな ▷  ️自分に疑いの心がある方

★何かあったのかな? ▷  ️自分に疑いの心がない方

✅夢を話してくれた後輩

★あいつには無理 ▷ 自分が相手の可能性を信じていない方

★道のりが長いかもね ▷  ️自分が相手の可能性を信じている方

 

ものの見方ひとつで、違った思考になり違った発言になってくる。

🐰
「とても哲学的ね。同じ出来事でも、自分の考え方で、相手に対する見方って大きく変わるのね。」

🐹
「これはとてもとても奥が深い。また、気持ちで左右されることもある。恐れや不安などの気持ちがあると、どうしても否定的な解釈になってしまいがち。」

🐰
「確かに、恐いとか不安なときって、なかなか前向きな解釈ってできないかも。」

🐹
「そうだな。もし明日も褒められたら、素直に”ありがとう”って答えれば大丈夫。」

🐰
「そうね。素直に受け取るようにするわ。」

-仕事, 自己変革

© 2021 🐹こはるの健康喫茶🐥 Powered by AFFINGER5