こころ 社会

連綿と続くロマン

「連綿と続くロマン」

 

🐻
「夫婦には深い縁があります。よく三世の縁と言われますが、夫婦は深いところで結ばれています。」

 

🐥
「偶然に生まれ、偶然に結婚し、偶然に子供ができて、偶然に数十年の人生を歩むことはないですか?」

 

🐻
「それはありえないことです。何千万人もの相手の中なかから唯一の人を選ぶということは、偶然ではありえないことなのです。」

 

🐥
「その相手の方とは、何か縁があったりするのですか?」

 

🐻
「あります。自分が伴侶として選ぶ人は、過去世のどこかで伴侶だった相手である場合が多いのです。生きていくにあたって、過去、うまくいった人、うまの合った人と、また家庭を持とうと思うことは、ごくごく自然な感情でしょう。」

 

🐥
「過去にうまくいって、今世も素晴らしい家庭を持って、来世でもまた夫婦になることもありますね。」

 

🐻
「そうですね。素晴らしい未来を夢見て、理想家庭の建設に邁進することが大切です。今世の素晴らしいロマンだと言えます。また、親子の縁も非常に深いものがあります。」

 

🐥
「むぎちゃん🐔と親子なのは、偶然ではないってことですね。」

 

🐻
「まれに偶然でないときもありますが、親子の関係も偶然にできることは滅多にありません。親の立場からすれば、出来のよい子供は、自分との縁で生まれたが、出来の悪い子供は、何らかの間違いで生まれたのだと思いがちですが、そうではありません。

 

🐥
「親子の縁も深いですね。何か理由とかがあって一緒にいるってことですか?」

 

🐻
「家庭という問題集を解くために、親子の縁は設定されているのです。楽しいこと、苦しいこと、いろいろとあります。苦しいことが起こっても、それは親子で力を合わせて乗り越えていく問題集であることを忘れてはなりません。」

 

🐥
「私が、むぎちゃん🐔を選んで生まれたことには、深い縁があって、むぎちゃん🐔と力を合わせて生きていくことが大事なんですね。」

 

🐻
「そうです。親が子供を育てるなかには、一つの重大な教訓が潜んでいます。それは何かといえば、親は、子供のなかに、自分の分身、自分の似姿を見るということです。」

 

🐥
「どういうことですか?」

 

🐻
「親は、さまざまなことについて身につまされ、子供のときの自己を振り返って、自分の性格がどういうものなのかを知ることができます。子は親の鏡であり、親は、子の姿を見るにつけ、自分自身のことが深く反省されなくてはならないのです。また、親にとって、子供は、自分の叶えられなかった夢を叶えてくれる、とても大切な”希望の木”でもあります。そのようにして、親子代々、ロマンが語り継がれていくのです。」

 

🐥
「親から子へロマンが語り継がれていくって素敵ですね。親子にも、夫婦にも、決して切り離せない縁がありますね。」

 

 

 

⭐参考文献

大川隆法『コーヒーブレイク 幸せを呼び込む27の知恵』

 

⭐最新ニュースをアプリでチェック!

⭐ピックアップ

🌱『エル・カンターレ 人生の疑問・悩みに答える 発展・繁栄を実現する指針 初期質疑応答シリーズ』

🌱『エル・カンターレ 人生の疑問・悩みに答える 病気・健康問題へのヒント 初期質疑応答シリーズ』

🌱『エル・カンターレ 人生の疑問・悩みに答える 幸せな家庭をつくるために 初期質疑応答シリーズ』

-こころ, 社会

© 2021 🐹こはるの健康喫茶🐥 Powered by AFFINGER5